音楽を聞きたいときにはCDを買っています

音楽を聞きたいときにはCDを買っています

音楽を聴くプレーヤーの進化

最近はCDを購入するよりも、インターネットで好きな曲をダウンロードして聞いている人が多いです。何十年かの間で、音楽プレーヤーはとても進化しました。今50代や60代の人が若かった頃はレコードでした。CDよりも大きく、好きな歌手のレコードをお小遣いを貯めて購入する人が多かったです。そして、レコードの後にCDが発売されました。レンタルCDショップも増えたので、レンタルしてカセットにダビングしている人も多かったです。購入するよりも安く、たくさんの曲を一つのカセットテープにダビングできるようになりました。ダビングの途中でカセットが終わらないように、CDの曲の長さを計算している人もいました。そして、今20代後半や、30代の人は学生の頃にMDプレーヤーを持っている人が多かったです。

カセットのように巻き戻しや早送りをしなくても、曲を選ぶことが出来るようになりました。電車などでは高校生のほとんどがMDプレーヤーで音楽を聴いていました。そして、今の20前半や、10代の人は、デジタルオーディオプレーヤーを使っています。パソコンから音楽をダウンロードしたら、そのままプレーヤーに音楽を入れることができます。容量によっては、何千曲も入るので、カセットに入る曲数とは比べものにならないくらいです。